/

阿部一や高藤、世界柔道代表に 大野は外れる

全日本柔道連盟は3日、福岡市内で強化委員会を開き、世界選手権(10月・タシケント)男子代表に昨夏の東京五輪金メダルで66キロ級の阿部一二三や60キロ級の高藤直寿(ともにパーク24)、81キロ級の永瀬貴規(旭化成)ら8人を選んだ。同五輪で73キロ級2連覇の大野将平(旭化成)、100キロ級覇者のウルフ・アロン(了徳寺大職)は外れた。

大野とウルフは全日本選抜体重別選手権を負傷で欠場。東京五輪後は実戦復帰していない。日本男子の鈴木桂治監督は「戦いの場に戻ってくることが選考理由になる」と説明した。

7階級で最大9人が出場。2階級で2枠が認められ、66キロ級は世界選手権2連覇中の丸山城志郎(ミキハウス)、81キロ級は藤原崇太郎(旭化成)が選ばれた。100キロ超級は29日の全日本選手権後に決まる。女子代表は東京五輪金メダルで52キロ級の阿部詩(日体大)ら7人が2日に決まった。

代表は次の通り。

60キロ級 高藤▽66キロ級 阿部、丸山▽73キロ級 橋本壮市(パーク24)▽81キロ級 永瀬、藤原▽90キロ級 増山香補(パーク24)▽100キロ級 飯田健太郎(旭化成)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン