/

体操・村上「まだまだ頑張りたい」 現役続行を明らかに

東京五輪の体操女子種目別床運動で銅メダルを獲得した村上茉愛(日体ク)が一夜明けた3日、東京都内で記者会見し、五輪を集大成と位置づけていたが「メダルも取れて気持ちも体も前を向いて、まだまだ頑張りたいなと思えた瞬間だった。体が厳しいと思うまでもうちょっと頑張りたい」と現役を続ける意向を明らかにした。今週で25歳になる。10月に北九州市で行われる世界選手権出場に意欲も示した。

体操女子の種目別床運動で銅メダルを獲得し、記者会見で笑顔を見せる村上茉愛(3日、東京都内)=代表撮影・共同

体操ニッポン女子の表彰台は1964年東京五輪の団体総合銅メダル以来57年ぶり2度目で、個人種目では初の快挙。長年ともに日本を引っ張り、今大会は補欠に回った寺本明日香(ミキハウス)とは電話で「夢のようだね」と語り合ったという。村上は「一日が終わってほしくないなと思うくらい昨日は幸せな一日でした」と達成感に浸った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン