/

丸山城志郎、世界柔道へ「一日を大事に」 男子代表合宿

柔道の世界選手権(10月・タシケント)男子日本代表が3日、奈良県天理市の天理大で強化合宿を行い、4月29日の全日本選手権で初優勝した100キロ超級の斉藤立(国士舘大)や66キロ級で3連覇を狙う丸山城志郎(ミキハウス)が稽古などで汗を流した。28歳の丸山は「世界選手権まで、一日一日を大事にしていきたい」と意気込みを語った。

7階級の代表決定後、全体での合宿は今回が最初。3日は同市内のダム付近にある長い階段でのランニングで体力強化も図った。鈴木桂治監督は「目標は全階級金メダル」と明言し「お互いに意識し合い、刺激し合って、自分の目標に向かってほしい」と、さらなる奮起を促した。

東京五輪で73キロ級2連覇の大野将平(旭化成)、100キロ級を制したウルフ・アロン(了徳寺大職)ら杭州アジア大会(9月・中国)代表も参加。ウルフは五輪以降で実戦復帰しておらず「まずは五輪の時のパフォーマンスに戻す。アジア大会でしっかり優勝し、2年後のパリ五輪へいいスタートにしたい」と気合を入れた。1日からの合宿は5日まで実施される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン