/

「大谷ルール」、国際大会でも導入 野球ソフト連盟

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が、主催する野球の国際大会で先発投手が降板後も指名打者(DH)で出場を続けられるルールを導入することが3日、関係者の話で分かった。米大リーグで大谷翔平(エンゼルス)が投打の二刀流で活躍していることから今季導入され、通称「大谷ルール」と呼ばれている。

6月上旬の理事会で決まった。WBSCは年代別の野球のワールドカップ(W杯)などを主催している。7月29日から台湾で改定後初の国際大会となるU-12(12歳以下)W杯が行われ、8月以降にもU-15、U-18、U-23のW杯が開催される予定。

他にも7回制の試合での四回を終えて15点差でのコールドゲーム廃止、U-15W杯での投球間隔制限導入などの改定があった。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大谷翔平

大谷翔平の試合結果や個人成績、コラムをまとめました。大リーグ・エンゼルスでの投打二刀流の活躍のニュースを楽しめます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン