/

ハーフ女子、前田穂南が大会新でV 函館マラソン

函館マラソンは3日、北海道函館市の千代台公園陸上競技場発着で行われ、ハーフマラソンの女子は東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が1時間8分28秒の大会新記録で優勝した。

2024年パリ五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得している松下菜摘(天満屋)が2分16秒差の2位に入り、東京五輪1万メートル代表の安藤友香(ワコール)は4位だった。

ハーフマラソンの男子はポール・クイラ(JR東日本)が1時間2分17秒で制し、定方駿(マツダ)が29秒差の2位となった。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン