/

板倉滉、独1部ボルシアMGへ完全移籍 日本代表DF

【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ボルシアMGは2日、日本代表DF板倉滉(25)をイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーから獲得したと発表した。完全移籍で2026年6月30日までの契約。背番号は「3」に決まった。ドイツ大衆紙ビルトによると移籍金は500万ユーロ(約7億500万円)。

板倉はJ1の川崎や仙台(現J2)を経て、19年1月にマンチェスターCへの移籍と同時にフローニンゲン(オランダ)に期限付きで加入。昨季はドイツ2部のシャルケに期限付きで加わり、主力として2部優勝と1部昇格に貢献した。

ボルシアMGはドイツ西部のメンヘングラッドバッハを本拠とする中堅クラブで、1970年代にリーグを5度制覇。昨季は10位だった。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン