/

日本無得点で黒星発進 サッカーW杯最終予選オマーン戦

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選は2日、各地で始まり、7大会連続の本大会出場を目指すB組の日本は大阪・パナソニックスタジアム吹田でオマーンに0-1で敗れ、2大会連続でホームで黒星スタートとなった。伊東(ゲンク)大迫(神戸)らがゴールに迫ったものの無得点。最終盤に失点して勝ち点を取れなかった。

前半、ゴール前に攻め込む大迫(左)
後半、オマーンに先制ゴールを許したGK権田

日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでアジア最上位の24位。79位オマーンとの対戦成績は9勝3分け1敗。

7日(日本時間8日)にはドーハで中国との第2戦を行う。新型コロナウイルスの影響で中立地での開催となった。

最終予選は各組6チームがホームアンドアウェー方式で来年3月まで争い、各組2位までが本大会出場権を獲得する。各組3位同士の勝者が大陸間プレーオフに回る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン