/

ヤクルト青木「また日本一に」 現状維持3.3億円で更改

ヤクルトの青木宣親外野手が2日、東京都内で契約更改交渉し、3年契約の2年目となる来季は現状維持の年俸3億3千万円でサインした。今季、プロ18年目で初めて日本一になった。優勝が決まった日本シリーズ第6戦で試合終了を待たずに目を潤ませ「まさか涙を流すとは思わなかったが、うれしかった」と余韻に浸った。

今季は開幕直後に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者として離脱を強いられた影響もあり、打率2割5分8厘、9本塁打と昨季に比べて大きく成績を落とした。40歳で迎える来季に向け「特に前半は物足りなかった。もっといい成績を出したいし、また日本一になりたい」と気持ちを新たにした。

小川泰弘投手は1億6千万円プラス出来高払い、石山泰稚投手は1億5千万円プラス出来高払いの現状維持でサイン。ともに来季が4年契約の2年目となる。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン