/

大相撲春場所、2年ぶり大阪で 観客上限75%

日本相撲協会は2日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、大相撲春場所(来年3月13日初日)をエディオンアリーナ大阪で実施すると発表した。大阪府での開催は2年ぶりとなる。

観客上限は定員約7300人の約75%。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、5千~5500人ほどになる見込みだという。

新型コロナウイルス感染拡大により、昨年は無観客で行われた。75%の観客動員はコロナ対応の本場所では最大の割合。土俵付近のたまり席といす席は全席使用し、4人用升席は2人で使用する。館内での飲食など詳細な運営方式は来年1月上旬に発表される予定で、入場券の一般販売は来年2月13日に開始する。

観客によるワクチン接種証明書の提出について、芝田山部長は「今のところない。日々、状況を見ていく」と述べた。

昨年の大相撲は5月の夏場所を中止。7月場所からの2場所は観客上限を収容人数の4分の1程度で行い、11月場所以降は半分ほどの観客で開催した。今年は7月の名古屋場所に続き、11月は福岡県で九州場所を実施。来年の春場所で地方場所が全て再開される。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン