/

早大駅伝新監督の花田氏「代表選手を」 母校復活に抱負

1996年アトランタ、2000年シドニー両五輪男子長距離代表で、早大の競走部駅伝監督に1日付で就任した花田勝彦氏(50)が2日、東京都内の同校で記者会見し「故郷に戻ってきたような懐かしさがある。日本を代表して、世界で戦える選手を育成していくことが早稲田にとっては使命」と、母校での指導へ抱負を語った。

今年の東京箱根間往復大学駅伝では総合13位。3年ぶりにシード権を逃すなど、最近は優勝争いに絡めていない。恩師でもある同校OBの瀬古利彦氏から就任を後押しされたといい「指導者の理想像は瀬古さん。まずは個人の能力を伸ばして、個が一体となって戦えるようなチームづくりをしていきたい」と伝統校復活の青写真を描いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン