/

フィギュア鍵山優真「表現磨く」 理想に向け決意

フィギュアスケートでオリエンタルバイオと所属契約を結ぶ北京冬季五輪男子銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・中京大)ら3人が2日、横浜市内で記者会見に臨んだ。鍵山は「新しい4回転ジャンプはもちろん、表現力やスピンを磨いて、自分が理想としているフィギュアスケーターになれたらいい」と決意を新たにした。

オリエンタルバイオは今春、3人の活動を支えるためスケート部を新設。1月の四大陸選手権で男子3位に入った16歳の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は来季、シニアに本格参戦する意向を示し「(左太ももの肉離れを)完治させて、新たな一面を見せられるようにこつこつやりたい」と誓った。

4月の世界ジュニア選手権で女子8位の住吉りをん(オリエンタルバイオ・明大)は「来季は4回転を確実に降り、4年後はエースとして五輪に出場することを目標に一歩一歩進んでいきたい」と抱負を語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン