/

フィギュア、大阪のGPファイナル中止へ 新変異型で

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(9~11日・大阪)が新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の影響で中止となることが2日、関係者への取材で分かった。日本政府が11月29日に全世界を対象に外国人の入国禁止を決め、日本スケート連盟などが対応を協議していた。

GPシリーズ全6戦の上位6人、6組で争われるファイナルは男子で世界選手権3連覇のネーサン・チェン(米国)、女子で世界最高得点を連発する15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)らが出場し、来年2月の北京冬季五輪の前哨戦として注目を集めていた。

日本勢は男子で鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子で坂本花織(シスメックス)、ペアで三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が臨む予定だった。ファイナル中止は北京で開催予定だった昨季に続いて2季連続となる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン