/

小林陵が優勝、高梨3位 ジャンプGP

ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプは2日、ドイツのクリンゲンタールで男女の個人最終戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、男子は今季2戦目の小林陵侑(土屋ホーム)が138メートル、140メートルと大飛躍をそろえ、合計283.8点で圧勝した。女子は高梨沙羅(クラレ)が131メートル、128メートルの235.5点で3位。マリタ・クラマー(オーストリア)が勝った。

男子の前戦を制した佐藤幸椰(雪印メグミルク)は7位。中村直幹(Flying Laboratory)は35位、小林潤志郎は39位、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)は43位。

女子の伊藤有希(土屋ホーム)は8位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は17位。個人総合はウルシャ・ボガタイ(スロベニア)が初制覇し、高梨は2位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン