/

女子テニスの中国開催、23年以降も見合わせか

女子テニス協会(WTA)スティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は1日、AP通信の取材に対し、中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した彭帥さんの問題を巡ってWTAが決めた中国での大会開催見合わせが2023年以降も続く可能性があると話した。

サイモン氏はテレビ電話での取材で「現状のままであれば、その地域で活動をすることはない。これは何が正しくて何が正しくないかという問題に正面から取り組む組織的な努力だ」と述べた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン