/

有原は復帰戦1失点、ダルビッシュ9敗目 大リーグ

【ニューヨーク=共同】米大リーグは1日、各地で行われ、右肩の故障で負傷者リスト入りしていたレンジャーズの有原はアーリントンでのロッキーズ戦に先発して5月以来の復帰を果たし、3回1/3をソロ本塁打による1安打1失点、3三振だった。勝敗は付かず、2勝3敗のまま。チームは5-9で敗れた。

パドレスのダルビッシュはダイヤモンドバックス戦に先発し、2回2/3を8安打6失点(自責点5)、3三振1四球1暴投で自身ワーストを更新する7連敗で9敗目(7勝)を喫した。試合は3-8だった。

エンゼルスの大谷はヤンキース戦に「2番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打、3三振だった。前日まで42本塁打でメジャー単独トップ。チームは1-4で敗れた。

パイレーツの筒香は「6番・指名打者」でホワイトソックス戦にフル出場し、4打数1安打、1三振だった。チームは3-6で敗れた。

レッズの秋山はカージナルスとのダブルヘッダー第1試合で出場機会がなかった。試合は7回制でチームは4-5で負けた。第2試合では左翼の守備で途中出場し、打席には立たなかった。チームは12-2で勝った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン