/

2日のJ1 結果と戦評

(更新)

【神戸5-1浦和】神戸が大勝。細かなパス交換や出足のいい守備で主導権を握り、前半8分に大迫が先制、同21、34分にイニエスタが決めて3-0。後半は武藤、ボージャンの得点で突き放した。守備が崩れた浦和は後半4分の小泉の1点にとどまった。

【川崎1-0 FC東京】川崎が1点を守り抜いた。前半終了間際に登里の左クロスをレアンドロダミアンが頭で合わせて先制。後半は防戦一方となったが、ゴール前の体を張った守備が光った。FC東京は裏を狙って好機をつくったが、精度が足りなかった。

【横浜FC 2-1鹿島】横浜FCが逃げ切った。前半17分に瀬古の直接FKで先制し、同42分に右CKからジャーメインが押し込んで加点。粘り強い守備でリードを守った。鹿島は後半1分に上田が頭で決めて追い上げたが、その後の好機は生かせなかった。

【清水2-1福岡】清水は前半27分にチアゴサンタナのゴールで先制し、後半3分にカルリーニョスジュニオが追加点。1点差に迫られた終盤は防戦一方となり、からくも逃げ切った。福岡は後半36分にマリが1点を返し勢いづいたが、追いつけなかった。

【札幌5-1 G大阪】札幌が大勝。前半5分に相手パスを奪った駒井が先制し、ルーカスフェルナンデス、高嶺が加点。後半は金子、ドウグラスオリベイラが決めた。G大阪は後半20分にパトリックが得点。その後も攻勢に出たがGKの好守などに阻まれた。

【柏1-1仙台】柏が後半に追い付いた。0-1の同33分、こぼれ球を拾った神谷が左足を振り抜いてゴール左隅に決めた。終盤は一方的に攻め込むも、勝ち越せなかった。仙台は前半10分に富樫が先制点を奪ったが、柏の猛攻をしのげなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン