/

パリ五輪、予選シリーズ導入 スケボーなど4競技

【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は1日、2024年パリ五輪の出場枠を争う「予選シリーズ」をスケートボード、スポーツクライミング、自転車BMXフリースタイル、新採用のブレイクダンスの4競技で導入すると発表した。4競技の選手が集まる4日間開催の都市型イベントを24年3~6月に計3大会実施する。

五輪改革の新指針「五輪アジェンダ2020+5」に盛り込んだ改革案の一つで、バッハ会長は「スポーツと文化を融合した、お祭りのような雰囲気の予選大会を主要都市で開催することで、選手の知名度が上がることを期待する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン