/

バスケ日本、豪州に完敗 W杯アジア1次予選

バスケットボールの2023年男子ワールドカップ(W杯)アジア1次予選B組は1日、メルボルンで行われ、世界ランキング38位の日本は同3位のオーストラリアに52-98で完敗し、1勝4敗となった。

序盤から高さで上回る相手に主導権を握られ、前半は17-47で折り返し。後半もさらに点差を開かれた。日本は代表デビュー戦だった富永(ネブラスカ大)が、得意の3点シュートなどでチーム最多の18得点した。

日本は開催国枠でW杯本大会の出場権を得ている。3日には台湾と対戦する。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン