/

フィギュア宇野、4種の4回転着氷 ジャパンOP前日練習

フィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンの前日練習が1日、さいたまスーパーアリーナで行われた。男子で北京冬季五輪シーズン初戦の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリップ、ループ、サルコー、トーループの4種類の4回転ジャンプを着氷させ「世界のトップと戦えるスタートラインに立てたと思う」と手応えを語った。

日本勢が2チームに分かれ、フリーを演技する。新演目の「ボレロ」を滑る宇野は新たにループを加え、計5度の4回転に挑む予定で「現状、確率はかなり低いが、1シーズン通して、このプログラムを完成させたい」と話した。佐藤駿(フジ・コーポレーション)はフリップなど3種類の4回転を確認した。

女子で坂本花織(シスメックス)は実戦で初披露する演目を流して調整。樋口新葉(明大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。宮原知子(木下グループ)三原舞依(シスメックス)らも出場する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン