/

この記事は会員限定です

アパレルで雇用生む 元ゴールドマン、アフリカへ

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス危機は、世界中の企業にサプライチェーン(供給網)との向き合い方を改めて問う。生産国と消費国の理想である「ウィンウィン」の関係をどう構築するかは、さらに喫緊で難しい課題だ。互いにとって真の利益になる仕組みはあるのか。日本とアフリカを舞台に、地道にビジネスを展開する若い中小企業経営者がそのヒントを教えてくれる。

2008年、当時大学4年生だった銅冶勇人(35)は、卒業旅行で初めて訪れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

答えは中小企業が知っている

働き方改革に社内の活性化、サプライチェーン(供給網)の再構築……。令和の時代に入ってもなお、企業経営の悩みは尽きず、複雑さは増す一方だ。これらを克服するためのヒントは実は中小企業の実践例の中に数多く存在する。必要なのは経営者の発想と覚悟。組織はいくらでも変われる。規模にかかわらずイノベーションは起こせる。身近な改革者たちの姿を追った。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン