/

この記事は会員限定です

小田急線路跡に新しい風景 ミニシアターが異文化結ぶ

シモキタ物語(2)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

今年1月、下北沢に新しいミニシアター「K2」が開業した。運営するのは、「スパイの妻」(黒沢清監督)や「偶然と想像」(濱口竜介監督)といった話題作の配給やプロデュースを手掛ける団体、「Incline(インクライン)」だ。新型コロナウイルス禍の逆風下での船出となったが、日本映画で初めて米アカデミー賞作品賞の候補となった濱口監督の「ドライブ・マイ・カー」をはじめ、意欲的なラインアップが目を引く。

上映...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください
シモキタ物語

わずか1平方キロメートルほどの地域に10以上の劇場、約30のライブハウスがひしめき、様々な文化がごった煮になった東京・下北沢。昔から多くの若者を引き付けてきた「サブカルチャーの街」が今、大きな変化に直面している。再開発とコロナ禍に揺れるシモキタ文化人の姿を追った。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン