/

リーグワン、大阪のファンデルバルトら退団 再編で

ラグビーのリーグワンで、NTTグループ内で浦安とのチーム再編に伴い、来季は3部で再出発する大阪が1日、新体制を発表した。ヨハン・アッカーマン・ヘッドコーチが退任、今季浦安でコーチを務めたマット・コベイン氏が後任となる。

選手は日本代表のFWビンピー・ファンデルバルトや、南アフリカ代表で2019年ワールドカップ(W杯)日本大会優勝メンバーのSOエルトン・ヤンチースら17人が退団する。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン