/

鈴木誠也、6月6日の復帰目指す 「折れなくて良かった」

【シカゴ=共同】米大リーグ、カブスで左手薬指のけがで10日間の負傷者リスト(IL)に入った鈴木誠也外野手が5月31日、シカゴの本拠地で取材対応し「こういう結果は避けたかったが仕方ない。しっかり時間を有効に使っていきたい」と述べた。6月6日の最短での復帰を目指す。

26日のレッズ戦で二盗した際に痛め「折れていないだけ良かったなと思うような突き方だった」と振り返った。患部の靱帯は伸び、内出血もしており「グラブをはめた時点から痛い」と明かした。この日のキャッチボールでは素手で投げるだけで、日常生活でも髪を洗う際に痛みが出るという。

痛みが引いてから打撃練習を再開する予定で「なるべく早く出たい気持ちが強い」と、早期復帰へ意欲を語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン