/

この記事は会員限定です

日本電産「永守節」で振り返るコロナ1年

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの収束が見込めない逆風下で、永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)率いる日本電産の業績は好調だ。永守氏は電気自動車(EV)用駆動モーターへの注力や関潤社長への権限委譲など成長戦略を矢継ぎ早に繰り出す。コロナ禍の1年を永守氏の発言で振り返った。

新型コロナウイルス感染拡大

人命についてこれほど真剣に考えたことはない

「どんなに経済が落ち込んでもリーマンの際は『会社のために働こう』と言い続け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン