/

この記事は会員限定です

完成は2060年度?平城宮跡横断の近鉄線、移設の不思議

[有料会員限定]

奈良県と奈良市、近畿日本鉄道は3月、長年懸案になっていた世界遺産「平城宮跡」を横断する近鉄奈良線を移設することで正式に合意しました。沿線の住民や鉄道ファンなどから2060年度を見込む完成までの期間に驚くとともに、電車に乗りながら眺める平城宮跡の光景を名残惜しむ声が数多く上がりました。近鉄奈良線の移設計画の概要と平城宮跡を横切る場所に敷設された経過をまとめました。

――移設対象となる区間と移設先は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン