/

大阪教育改革10年を検証 学校間競争、見えた成果と宿題

大阪教育行政改革10年 まとめ読み

大阪府・市が教育行政の大改革に乗り出して10年。全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)での低迷を機に取り組み、府立高の学区制廃止や成績の「見える化」など、競争を重視して学力向上を図りました。都市の競争力にも絡む教育改革の成果を検証しました。

競う大阪の公立高校、難関大学へ進学増加 私立にも活力

府立高の学区制廃止で、学校間競争が進みました。トップレベルの進学実績を誇る府立10校の東京大、京都大への現役進学者数は12年度から20年度で約1.7倍に。10年度から段階的に導入された私立高授業料の実質無償化が追い風となり、府内の私立高への進学者も拡大が続きます。3年連続定員割れとなった府立高は再編の対象となり、競争がもたらす厳しい側面も見えました。…本文はこちら

学力テスト低迷の大阪、「見える化」で挽回 課題は底上げ

教育改革のきっかけとなった全国学力テストの成績は、府教委の要請で市町村別に公開されるようになりました。府独自の「チャレンジテスト」も各学校にそれぞれの成績を示すなど、「見える化」を進めました。全国学力テストの結果は依然全国平均を下回るものの、差は縮まりつつあります。一方で「様々な事情によって相対的に学力の低い生徒の力は底上げされていない」との指摘もあり、課題となっています。…本文はこちら

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン