/

この記事は会員限定です

巣ごもり好調の「業務スーパー」「西松屋」、次の一手は

小売業の奮闘 まとめ読み

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり」で衣料品や化粧品の販売が苦戦するなか、食品と子供服は底堅い需要が続いています。中でも、手ごろな値段のプライベートブランド(PB)の商品を強みに客足を伸ばしているのが、神戸物産が展開する「業務スーパー」と西松屋チェーンの「西松屋」です。商品・店舗運営の強みと今後を見据えた次の一手を過去の記事から振り返ります。

業務スーパー、強さの要因は「食の製造小売り」

ユニークなのは、中規模の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン