/

渋沢栄一の繊維や大阪城の水道管…関西産業の礎

関西タイムラインまとめ読み

関西を代表する産業の多くは明治期に礎を築きました。半導体材料は渋沢栄一が主導した繊維の技術を活用。クボタなどの金属加工技術のルーツの一つは、深刻な感染症対策で整備された大阪城の水道管でした。関西タイムラインに掲載した記事から関西の歴史をたどります。

関西の半導体材料、原点は渋沢栄一主導の繊維

コレラ退治・明治の救世主、大阪城の水道管

かつては西洋の窓口、神戸・東遊園地

琵琶湖疏水から人工水脈、京都・日本庭園

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン