/

この記事は会員限定です

関西の空港、逆風下の変革 接客ロボやAI荷物検査

空の玄関の試み まとめ読み

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの逆風下にある関西の空港で、サービスを変革する様々な取り組みが進んでいます。神戸空港(神戸市)には接客するロボットが登場。南紀白浜空港(和歌山県白浜町)は手荷物検査に人工知能(AI)を活用する実証実験を始めました。関西国際空港では新型コロナのPCR検査を自動でこなすロボを導入する試みも。各空港のユニークな挑戦をまとめました。

神戸空港でロボットが接客 阪大などが実験開始

神戸空港...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン