/

この記事は会員限定です

阪神大震災26年 あの日の被災者は今、悲しみ乗り越えて

(更新) [有料会員限定]

6434人が犠牲となった阪神大震災から17日で26年。「あのとき」を体験した被災者は、それぞれの道を歩んできた。悲惨な記憶や悲しみ、新しい家族への思い……。震災直後、日本経済新聞のカメラに写った被災者2人を探し、話を聞いた。

震災から2日後、焼け落ちた住宅跡で55歳だった増田和義さん(81)は母の秀子さん(当時79)の遺骨が見つかった場所で冥福を祈りお経を唱えていた。

和義さんと妻、2人の息子が住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン