/

この記事は会員限定です

九州の半導体産業、TSMC進出に沸く 再浮上なるか

シリコンアイランドのいま

[有料会員限定]

長く苦境にあった九州の半導体産業が、盛り返しの兆しを見せている。背景にはスマートフォンや高速通信規格「5G」などの需要拡大による、旺盛な半導体需要がある。熊本県への台湾積体電路製造(TSMC)の進出や、ソニーグループなど大手企業の設備投資が相次ぎ、国や自治体も積極的な支援を始めた。「シリコンアイランド」の復活に向け、ようやく一歩を踏み出した。

JR熊本駅から在来線で30分ほど。原水駅からのどかな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン