/

筑邦銀や九電などの新会社が設立、地域活性化を目指す

筑邦銀行九州電力、SBIホールディングス(HD)はプレミアム付き地域商品券の電子化などを手掛ける新会社「まちのわ」を設立したと発表した。地域の商店街などで使える商品券や地域通貨をスマートフォンで使えるサービスを全国の自治体などに売り込み、地域活性化を目指す。

新会社の社長にはSBIHD傘下のフィンテック関連企業、SBIネオファイナンシャルサービシーズ(東京・港)の入戸野真弓取締役が就いた。本社は東京都港区と福岡市にそれぞれ置く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン