/

この記事は会員限定です

魚のあらで高級肥料、鶏のフンは養殖に 農水ゴミに商機

[有料会員限定]

食品の生産や流通過程で出る廃棄物の再利用が広がっている。魚の身を切り出したあとの「あら」や鶏のフンといった廃棄物を飼料や肥料に加工する。廃棄物の処理量を減らしコスト削減と環境保護につなげながら利益も生み出す。ロシアのウクライナ侵攻などで海外から輸入する飼料などが高騰するなか、持続可能な食の再生産システムが全国有数の食の産地である九州から広まる期待も出ている。

鶏卵業のトーセン農場(佐賀県嬉野市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン