/

この記事は会員限定です

福岡県への不動産投資、20年9%減 他地域より底堅く

[有料会員限定]

福岡県内の不動産に投資された金額は、2020年が前年比9%減の754億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響でホテルへの投資が激減した一方、商業施設や住宅への投資は底堅く、国内主要都市と比べ影響は小さかった。ただ、国内全体の不動産投資に占める福岡の割合は1.8%と低水準にとどまる。投資家からの関心は高いが、売りに出される物件の少なさから、取引額は伸び悩んでいる。

不動産サービス大手のジョーンズ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン