/

この記事は会員限定です

生産年齢人口、九州7県で減少 国勢調査

[有料会員限定]

総務省が30日に発表した2020年の国勢調査の人口等基本集計結果によると、九州・沖縄8県の生産年齢人口(15~64歳)は811万人と、前回調査の15年に比べ4.0%減少した。沖縄を除く7県で減った。島しょ部や山間部などでの減少が目立った。

7県のうち減少率が最も大きかったのは長崎(8.9%減)だった。鹿児島(7.1%減)、宮崎(6.8%減)が続いた。長崎では小値賀町(20%減)や新上五島町(17...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン