/

スターフライヤー、客室乗務員の採用再開 約3年ぶり

スターフライヤーは30日、客室乗務員の新規採用を約3年ぶりに再開すると発表した。2023年2月下旬から3月上旬にかけて客室乗務員の正社員20人程度の入社を見込む。大学や専門学校などの既卒者と23年3月までに卒業見込みの学生を募集する。

スターフライヤーは新型コロナウイルス禍による業績悪化に伴い、客室乗務員の新卒採用を凍結。20年4月の新卒入社後は、「中途を含め客室乗務員の採用を休止していた」(同社)。22年の夏以降、旅客需要が回復しつつあることや、客室乗務員を希望する学生が一定数いることなどを勘案し、採用計画を修正する。

スターフライヤーは23年1~2月に北九州空港と台北を結ぶ国際線チャーター便を6往復運航することも同時に発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません