/

岩田屋三越、入場料必要な書店「文喫」が31日開業

岩田屋三越(福岡市)は取次大手の日販が運営する、入場料が必要な書店「文喫」が岩田屋本館7階で31日に開業すると発表した。入場料は平日1650円、土日祝日は1980円。喫茶室や児童書室を備え、コーヒーなどを無料で提供する。

店舗面積は約580平方メートルで、約3万冊の蔵書がある。午前10時から午後8時まで営業し、座席数は150席。福岡や九州にゆかりのある本を紹介するコーナーを設け、期間限定の企画も実施する。文喫は東京・六本木に次いで2店舗目となる。

岩田屋三越は、高級路線の店作りを進めてきた。文喫には岩田屋三越が運営するカルチャースクールの教室も併設し、料理やエクササイズ、音楽作成など幅広い講座を開く。学びや趣味にお金を使う顧客をターゲットにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン