/

この記事は会員限定です

福岡の百貨店など、LINEやライブ配信で接客力生かす

[有料会員限定]

福岡の百貨店や九州で店舗展開する商業施設が、オンラインを生かした「非接触」の営業に力を入れている。博多阪急(福岡市)が通話アプリ「LINE」で商品を提案したり、イオン九州は店員がリアルタイムで映像をネット配信して販促する「ライブコマース」をしたり、工夫を凝らす。新型コロナウイルスの感染拡大で、リアルの接客が難しくなるなか、デジタル対応で顧客ニーズを捉えようとしている。

「50代男性への贈り物を探しています。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン