/

この記事は会員限定です

沖縄のホテル、冬の「体験」に活路 琉球舞踊やサウナ

沖縄・ホテル開発の針路㊥

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で、沖縄の地場ホテルに足元で強い逆風が吹いている。コロナ禍前までは訪日外国人(インバウンド)ら観光客が増え続け、待っていれば稼げた。経営環境の悪化を受け、各社は宿泊だけでなく、利用客に特別な体験を提供することで生き残りを探る。

11月下旬、世界遺産の琉球王家の別邸「識名園」(那覇市)に、沖縄の伝統衣装「琉装」を身にまとい、琉球舞踊を鑑賞するツアー客の姿があった。東京都や静岡県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン