/

九州電力、マンションのEV充電設備 居住者個別に整備

九州電力は2022年度上半期から、マンションなど集合住宅の駐車場に電気自動車(EV)の充電設備を個別に整えるサービスを始めると発表した。現在は居住者で設備を共有するのが一般的だが、他の居住者がEVを充電している間、待たなければいけないことが課題だった。

新サービスの「プライブ」はまず首都圏と福岡市で、主に分譲マンションを対象とする。走行距離に応じた複数の月額制の定額プランを提供する。利用者は専用アプリをダウンロードして会員登録する。

このほど福岡市東区で竣工予定の高層マンションなど、5つの物件に導入が決まった。利用する際に必要な設備は傘下の九電テクノシステムズ(福岡市)が開発を進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン