/

鹿児島県、BA.5対策宣言30日で終了 警報も警戒期間に

鹿児島県は29日、新型コロナウイルスの派生型対策を強化する「BA.5対策強化宣言」を30日で終了すると発表した。新規感染者が減少傾向にあり、専門家の意見なども踏まえて決めたとしている。県が独自に出していた「爆発的感染拡大警報」も、「感染拡大警戒期間」に切り替える。

県は8月3日にBA.5宣言を発令した。当初は8月末までだったが、新規感染者数が高水準で、小中学校などの2学期が始まり子供への感染が拡大する懸念もあったため、9月30日まで延長していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン