/

茶の加工販売「お茶の山口園」破産手続き開始 長崎

茶の加工販売を手掛けていたお茶の山口園(長崎市)とグループ会社が、長崎地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことがわかった。負債総額は2社合計で約29億円。同社は長崎県を中心に九州や山口県で店舗を展開し、自社加工の茶などを販売していた。2002年の売上高は約25億円だったが、ペットボトル飲料の普及、新型コロナウイルス感染拡大での休業や時短営業などにより業績が悪化していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン