/

この記事は会員限定です

牛の分娩、AIで見守り 鹿児島のファーマーズサポート

[有料会員限定]

ファーマーズサポート(鹿児島市)は農家の経営にIT(情報技術)を生かす「スマート農業」を支援するスタートアップだ。畜産牛の様子を人工知能(AI)で解析して分娩の予兆を把握するシステムを開発し、4月に発売した。春日良一社長は「農家による夜間の見回り負担を減らしながら分娩時の牛の安全を確保し、農家の経営改善につなげたい」と意気込む。

畜産王国の鹿児島県は特に肉用牛の飼養頭数が多く、2020年2月1日時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン