/

この記事は会員限定です

創業70年、まちづくりに積極参画 荒牧電気ビル社長

戦略トップに聞く

[有料会員限定]

九州電力子会社でビル管理を手掛ける電気ビル(福岡市)が攻めの姿勢を打ち出している。2022年春に福岡市内でオフィスビルを開業するほか、21年3月には長崎市で新たにオフィスビルを着工した。立て続けに新ビルの開発に乗り出した狙いについて、荒牧智之社長に聞いた。

――電気ビル共創館(福岡市)以来10年ぶりとなる、オフィスビルが来春開業します。

「福岡市の中心、天神から地下鉄空港線で一駅の赤坂駅から徒歩3分の場所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン