/

この記事は会員限定です

倉富西鉄社長「再開発、福岡・天神に『全集中』」

九州・沖縄 展望2021  倉富純男・西日本鉄道社長

[有料会員限定]

――運輸業界は新型コロナウイルスで大きな影響を受けました。

「人に移動してもらい集まってもらうビジネスモデルが、全面的に成り立たなくなった。終戦直後に通年で無配になったこともあるが、そのときは運ぶものはあった。ビジネスモデルが壊れたのは創業以来初めてだ。新たなモデルの構築が2021年の一番の課題だ。電車・バスは市場自体が縮小するなか、それに合った体質をつくる。21年度は強い気持ちで黒字化をめざす」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン