/

この記事は会員限定です

拓南商事再資源化工場 廃車の窓を琉球ガラスに

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

沖縄県内の廃車の多くが集まる、拓南商事の再資源化工場(同県うるま市)のリサイクル手法はユニークだ。窓ガラスやシートベルトといった廃材を、伝統工芸品の琉球ガラスやバッグの材料に活用する。環境保護とともに、地産地消をキーワードに沖縄の活性化にもつなげる。

沖縄本島中部、エメラルドグリーンの海を望む工業団地に同工場はある。「港に近く、離島の車も船からすぐ運べます」。専務の平田要さんが教えてくれた。5万平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン