/

九州FG、新本社ビル竣工 グループ200人が勤務

九州フィナンシャルグループ(FG)がJR熊本駅前(熊本市)に建設していた新本社ビルが竣工した。九州FGのほか、グループ会社の九州FG証券や肥銀コンピュータサービスが入居し、計200人が勤務する予定だ。

新本社ビルは地上11階建てで、延べ床面積は約1万6670平方㍍。同社のシンボルマーク「大樹」をモチーフに設計した。1階には傘下の鹿児島銀行の熊本支店が入居するほか、一部フロアはIT企業など8社程度にオフィスとして貸し出す。

これまで九州FGの執務機能は肥後銀行が熊本市内に保有するビル内に置かれていた。手狭になっていたこともあり、本社の新設を進めてきた。新本社ではフリーアドレス制の導入や肥後・鹿児島両行の行員がアクセス可能なネットワーク環境を通じて柔軟な働き方の実現につなげる。高性能の制震構造や電力や水の供給設備も備え、帰宅困難者の受け入れなどにも対応できる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン