/

熊本国税局長「納税者に寄り添う」 垣内氏が就任会見

熊本国税局長に就任し記者会見する垣内氏(28日、熊本市)

10日付で熊本国税局長に就任した垣内良氏が28日、熊本市内で記者会見し、県内で発生した2016年の熊本地震や20年7月の豪雨災害、新型コロナウイルスの感染拡大を念頭に、「納税者に寄り添う形の取り組みをしていきたい」と語った。併せて「適正公平な徴収を実施し、不公平感のないような税務行政に努めたい」と話した。

垣内氏は東京都出身で、1984年に早稲田大商学部卒業後、東京国税局に入局。沖縄国税事務所次長や国税庁首席国税庁監察官などを歴任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン