/

福岡県、8月から再び時短要請 飲食店に午後9時まで

「ステージ3」で重点措置要請へ

(更新)

福岡県は28日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、県独自の「福岡コロナ警報」を発動したと発表した。警報発動に伴い、8月1日から29日まで県内全域の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請するなどの対策を実施する。警報発動後も感染拡大が続き、感染状況を示す国の指標で「ステージ3」に達すれば、国にまん延防止等重点措置の適用を要請する。

飲食店での酒類提供は午後8時半でのオーダーストップを要請する。時短要請に応じた店には協力金を支給する。受給実績がある店には協力金の一部を先渡しする。ショッピングセンターや百貨店といった大型商業施設などにも午後9時までの時短を働きかける。

記者会見した服部誠太郎知事は「現在の傾向が継続すると『第4波』を超えるような感染拡大、医療逼迫が急速に高まることが懸念される」と述べた。高齢者へのワクチン接種について1回目を受けた人は8割以上、2回目も終えた人は約7割と明かし、今後は若年層の感染拡大防止が重要になる、とした。

警報発動の目安は新規感染者数の直近3日間平均が100人以上、専用病床の使用率が15%以上、重症者用病床の使用率が10%以上。27日時点で新規感染者数(190人)と専用病床(15・7%)が目安に達している。重症者用病床(3・9%)は達していないが、インド型(デルタ型)の感染増加や、夏休みに人の往来の増加が予想されることから発動を決めた。

福岡県は28日、県内の新規感染者数が405人と、緊急事態宣言中の5月19日(499人)以来の400人超となった。沖縄県の新規感染者も347人と、前日に続いて300人を上回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン