/

この記事は会員限定です

「長崎丸山遊廓 江戸時代のワンダーランド」 赤瀬浩著

この一冊

[有料会員限定]

江戸の吉原、京都の島原と並ぶ遊郭として知られた長崎・丸山。鎖国時代は海外との唯一の貿易港だった長崎で、遊女が地域経済に与えた影響を詳しく分析した。著者は長崎市長崎学研究所の所長でもある。

平地が狭く、大きな産業がなかった江戸期の長崎は、モノとカネが通過するだけだった。そこで貿易による「上がり」を落とさせる仕組みとして整備されたのが遊郭と指摘する。人気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン